商店街の四季

春の息吹を感じながら買い物に動き出す人々

  長い冬を終え、春の息吹が感じられる4月から5月。商店街には井田川の清らかな流れとともに、桜の花が咲く城ヶ山の「春の香り」が舞いこみます。

夏の夜の楽しさを夜店で感じる

  商店街の夏の風物詩である夜店は上新町の通りすべてが会場となり、楽しいイベントやさまざまな工夫をこらしたお店が多く立ち並びます。さらには「おわら」も流れ、夏の夜の楽しさを満喫できる納涼夜店となっています。

秋は風の盆に酔う上新町通り

  八月の旧盆が終わると、これから始まる「おわら風の盆」に向けた飾り付けが商店街一斉に行われ、八尾町の最大の行事に向けて一層の活気が見られます。
 風の盆本番(9/1~3)には通りの両脇に「ぼんぼり」が飾られ、幻想的な雰囲気がつくり出されます。また、三日間は特に通り一面に観光客の人々であふれ、その中を流す、街流しは最高の盛りあがりを見せます、上新町では八尾唯一の大輪踊りも行われます。

冬の大売出しには、1年の感謝を込めて

  雪がチラホラ舞い始める頃、上新町商店街では一年間の総決算として日頃のご愛顧に感謝を込めた「年末年始大売出し」が実施されます。期間中は大福引き大会やお楽しみ抽選会等の催しが行われ、お客様に喜ばれています。