ちょっといっぷく上新町

坂の町商店街とおわら


【風を治め、五穀豊穣を祈るおわら踊り】

 秋の収穫を祈り、豊年の喜びを表す生活の唄として歌いつづけられた「越中おわら節」。 三百余年の歴史を持つ「おわら節」は、情緒豊かで、綿々としてつきぬ哀調の中に優雅さを失わぬ詩的な唄と踊りです。
 秋に行われる「おわら風の盆」には全国から多くの観光客が訪れ、おわらの音色に酔いしれます。

【哀調を帯びた音色と共に】

 9月1日~3日の三日三晩は、全町がぼんぼりやまん幕で飾られ、おわら一色となります。坂の町にぼんぼりのあかりが灯るころ、各町内では一斉に街流しがはじまります。

 哀調を帯びた唄声と三味線、胡弓、太鼓の音色がどこからともなく聞こえ、路地裏や坂道の上手や下手から踊りの輪が生まれてきます。

坂の町商店街と曳山

【絢爛絵巻越中八尾曳山祭り】

 5月3日、三味線、笛、太鼓が奏でる古式ゆかしい典雅な囃子と共に坂の町を練り歩く6台の曳山。その姿は越中工芸の粋を集めた芸術作品とも称されるほどです。井波彫刻、城端塗をはじめ、人形師、絵師、彫刻師らの巧みな技が見事に生きています。

【越中美術工芸の粋 上新町の曳山】

 町民文化の粋を集めて創り上げられた絢爛豪華な八尾曳山。上新町の曳山は、在原業平を奉りあげており、人形、彫刻、彫金、漆工、金箔、棟梁など、越中美術工芸の粋を集めた郷土文化の香り高き代表作として、富山県有形文化財指定となっています。

【夜に映える提灯山】

 夜ともなれば3000灯あまりの提灯山となって、夜景の中に浮かび上がり、日中とはまた違った趣に変わります。その姿は、あたかも不夜城のごとく。夜が更けるまで夢幻の世界を繰り広げます。

坂の町商店街みちくさ紀行

【観光会館(曳山展示・おわら鑑賞)】

 上新町にある観光会館は、越中八尾の観光の中心地に立地しています。荘厳かつ優美な八尾曳山。観光会館には5月の八尾曳山祭で使われている曳山3台が常設展示されています。また、併設されたおわら会館では一年を通しておわら踊りを鑑賞することができます。
(団体予約のみ)

【越中八尾郵便局】

 八尾町で一番大きく歴史のある郵便局です。郵便局の背面は「日本の道百選」に選ばれた諏訪町通りに面しており、情緒あふれる雰囲気を壊さないよう「白壁」づくりとなっています。

【清水山佑教寺】
元禄3年(1690)熊野村(今の婦中町)清水島から現在地へ移転し、上新町300年の歴史と供に歩んできたお寺で現住職は13代目にあたります。その当時は、祐教寺大門も諏訪町の家並みもありませんでした。明治年間の度重なる大火のため3度類焼し、その度再建された現在の本堂は昭和48年再建のものです。屋上には宗祖親鸞聖人の銅像が建っています。門前の記念碑は婦負郡の寺の組長であった組長であった祐教寺を明治10年西本願寺の門主明如上人が訪れたことを記念して建てられました。

【合同の坂】

 明治42年大正天皇行啓の際、待従を県立蚕業学校と生糸合同掲返場(現在の越中紙社フキン)に派遣された事の記念として生糸合同工場まで新設された道路です。

【原蚕の坂】

 明治29年(1896)富山県立養蚕学校通学路として開かれました。明治31年(1898)には、さらに上新町から諏訪町へ出れるように延長されました。